人気ブログランキング | 話題のタグを見る

"寒邪予防” は陽気を補う方法で

 一月は最も寒い季節です。
一般に人は寒さに適応する仕組みを持っているので、体内に貯蔵しているエネルギーを生かして、
冬の寒さを乗り切ることができます。しかし、体質によって寒さに強い人もいれば弱い人もいます。
漢方医学でいう陽気不足タイプの人は厳寒の季節に風邪、しもやけ、気管支炎、関節の疼痛などに悩まされることが多くなります。また、寒冷による血管の収縮や痙攣によって、狭心症の発作が誘発されたり、心筋梗塞や脳梗塞が多発するのもこの時期です。
漢方的に寒さに対して抵抗力をつけるには、次の三つの方法があります。

①陽気を補う方法。
         附子、生姜、乾姜、桂枝などの入った漢方薬を。
②血行を良くする方法。
         血行が悪いとエネルギーが末梢に届かないので、冷え性、しもやけになりやすい
         当帰、丹参、川芎、芍薬などの入った漢方を。
③気を補う方法。
         気の働きに皮膚、筋肉を温め体表を寒さからまもる作用があります。
         黄耆、人参などの入った漢方薬を。

# by kyorindo | 2012-01-23 18:35 | 花粉症

腰や関節を犯す寒湿の邪気

 腰痛や関節の痛みを訴える人が増えています。
ひとつの要因として寒気と湿気です。
この寒湿の邪気は、腰や関節を犯し気血の流れを阻害します。
「不通則痛:通じざればすなわち痛む」というように、気血の滞りは体内に疼痛物質を生成し、
痛みが出てきます。
また人は加齢とともに腎の働きが衰え、腰や骨、関節が次第に弱くなってきます。
腎には、体全体を温める陽気の根本(腎陽)があり、生命活動と深く関わていますので
「命門の火」ともいわれています。
加齢により腎陽が不足してきますと、腰や関節が寒冷や湿気に犯されやすくなり、
痛みがでてくることになります。
この時に、腎陽を補い命門の火を強め、腰や足を襲う寒湿を取り除く漢方薬がお勧めです。

# by kyorindo | 2011-11-18 19:09

免疫力アップの食事編

当たり前のことですが、毎日を健康で過ごすためには何を食べるかも大事ですが、
食べ物を消化吸収する胃腸の働きも大事です

胃腸の働きを悪化させる要因として
(1)「湿気」と「冷え」
(2)精神的ストレス
(3)食事の不摂生
(4)夜更かしなどの生活習慣
              などです。
そこで、
免疫力を高める食事の重要なコツは、さまざまな食材をバランスよく食べる事です。
いくら成分的にいい食品があっても、そればかり食べていては免疫力は低下します。

主食は白米、玄米中心に大麦、ライ麦、オートミールなど

野菜は玉ねぎや長ねぎ、キャベツ、大根、白菜、かぶ、ブロッコリー、人参、セロリなど
   さまざまな種類を一日に350gできるだけ旬のものを中心に摂る

タンパク質性食品は、魚や卵、赤身肉、カキ、豆腐などの大豆食品、豆類を中心にして
          一日に200gぐらい摂る
ヨーグルトや豆乳、果物、海藻類、きのこ類、ぬめり成分を持つ食品、漬物などの発酵食品も
お薦めです。

# by kyorindo | 2011-09-28 18:55

夏バテ、熱中症

夏は体調維持が難しい季節、体に大きな障害となるのは「汗をかきすぎる事」です。
発汗は体液とともに、大量のエネルギー(気)を短時間で消失させてしまいます。
汗を止めて津液の過流失を防ぎ、体のエネルギー(気)を蘇らせる「気陰双補」の漢方処方が
あります。発汗過多からくる脱水症状や全身の疲労倦怠感に悩まされ、夏が苦手な方、屋外で
長時間過ごされる方、暑い時期に体調を崩し易い方にお勧めです。
また、室内でも熱中症を起こす人が増えています。
十分な水分補給+漢方で暑い夏を乗り切りましょう。

# by kyorindo | 2011-07-19 18:45 | 花粉症

豆知識 【 “プラセンタ” の ひみつ】

“プラセンタ”とは哺乳動物の“胎盤”を意味し、古くは秦の始皇帝が不老長寿の妙薬として、
クレオパトラは若返り、美容のために愛用していました。
“胎盤”には胎児の発育に必要不可欠な栄養成分である、多くのアミノ酸・ビタミン・ミネラル・
100種類以上もの酵素・生理活性物質などが豊富に含まれており、多くの分野で有用性が期待され、いろいろな分野に利用されています。
プラセンタの作用は数十種にも及び、例えば更年期障害、肝炎、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、
不妊症、ヘルニア、関節リウマチ等々プラセンタを続けることで回復していきます。
内服剤の剤型も錠剤、顆粒剤、ドリンクタイプなどさまざま有ります。
ドリンクタイプは吸収されやすく、効果も早く現れます。

# by kyorindo | 2011-05-13 18:52 | 花粉症