花粉に備えるカラダづくり

 花粉症は、症状を抑えるだけでなく、まず、症状がなるべく出ないように
予防することが大切です。冬の間に体内に 「気(エネルギー)」を充実させ、
花粉に負けない体づくりを目指しましょう。
 ポイントは、「肺」と「脾胃(胃腸)」を元気に保つこと。
気は、主に肺が取り込む酸素や、脾胃が消化吸収する栄養素から生み出されます。
また、肺は「衛気(身体の防衛力となる気)」を全身に巡らせる働き、脾胃は体内の
水分をスムーズに巡らせる働きをそれぞれ担っています。
そのため、肺や脾胃が弱くなると、身体の防衛力が低下したり、水分が停滞して、
鼻炎を招いたりと、花粉症の重い症状を引き起こす原因にもなってしまうのです。
日頃から、風邪をひきやすい人、呼吸器が弱い人、胃もたれや食欲不振といった
胃腸の不振を感じている人などは、特に意識して肺と脾胃を整えるよう心がけましょう。

症状が出てしまったら  「花粉症の対処法」

身体が冷える「寒タイプ」
(主な症状)
くしゃみ、鼻水、鼻やのどのかゆみ、寒気、顔色が白い、涙目

のどの痛みがある「熱タイプ」
(主な症状)
鼻づまり、黄色っぽい痰、目のかゆみ、目の充血、かゆみ、身体が熱っぽい

鼻水や痰が多い「湿タイプ」
(おもな症状)
鼻水の量が多い、目の腫れ、むくみ、頭重、身体が重だるい、時には軟便、舌苔がネバつく

各々のタイプ別の漢方と漢方サプリで対処いたしましょう。

f0228073_12331405.jpg



  

[PR]

by kyorindo | 2018-02-14 12:15 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyorindo.exblog.jp/tb/29556144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カラダの中から冷え対策 >>