女性の更年期 <パートⅡ> 「年だから・・・・」で片づけないで

思春期から成熟期を経て、閉経を迎えるまで、女性の身体はホルモンによってコントロールされています。身体の発育から、女性特有の性周期、妊娠し出産まで、「女性の一生はホルモンに支配されている」といえます。
 またホルモンは、身体ばかりではなく、心身のバランスの潤滑油としての役割を持っています。
ホルモンの分泌量に変調が生じると、心と身体の両面にさまざまな反応が現れます。
更年期とは、このようなホルモンの変調によって引き起こされた「ドラマチックな変化のとき」なのです。

≪更年期のからだの変化≫
女性の身体は 更年期が近づくと大きく変わってきます。閉経に向けて女性のホルモンのエストロゲンが急激に減少し、その変化に身体は反応できず、混乱を起こし始めます。つまり老化をしていきますが、卵巣は早い人で30代半ばぐらいから老化が始まり、40代後半になると、卵巣機能はかなり低下してきます。卵巣機能が低下してくると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌低下と卵胞刺激ホルモンの増加というアンバランスが更年期の特徴で、からだ全体の状態にさまざまな影響を与えます。
例えば
① ホルモンと関係の深い自律神経が失調を起こす
② ホルモンのアンバランスは、精神的にも影響を与えて様々な不定愁訴や、精神神経症状を起こします
③ エストロゲンの低下によって、皮膚や粘膜や骨が弱くなる

f0228073_1511544.jpg

[PR]

by kyorindo | 2016-01-12 12:11 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyorindo.exblog.jp/tb/24857335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年も花粉症の季節が到来! 女性の更年期・・・・・多汗やイライラ >>