春の健康管理を漢方で!

3月21日は春分の日。
いよいよ本格的な春の到来です。
春は五行説では「木」に該当し、さらに五臓では「肝」に該当します。
すなわち春は肝の病を引き起こしやすいということです。
肝は気血を巡らせる働きがあるとともに、感情・情緒のコントロールも行っており、失調するとイライラ・抑うつ・怒り易いなどの症状を引き起こします。
肝はストレスの影響を受けやすい性質があるので、春はストレスの影響をいかに軽減するかがポイントです。
漢方には肝を穏やかにする処方がたくさんあり、春の健康管理に有用です。
[PR]

by kyorindo | 2015-03-20 21:17 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyorindo.exblog.jp/tb/23804929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ストレス発散で気の流れをスムーズに! ~花粉症も邪気のひとつ~ >>