女性に多い貧血に補血・補気薬を

貧血症の場合、唇やまぶたの裏面、爪の色などにも赤みのないことが多く、頭のふらつき、
動悸、息切れ、不眠などさまざまな症状を伴います。
これらの病態を、漢方医学では「血虚症」(けっきょしょう)と言います。
古来「男子腎虚、女性血虚」という言葉があるように、女性は月経があることもあって
血虚症になりやすいのです。
血虚症の治療には補血薬が不可欠で代表的な補血薬である当帰はいろいろな婦人病に
用いられて効果を上げています。
他にも熟地黄、何首烏、阿膠、枸杞の実などがよく知られています。
「気は血の帥(けつのすい)」といわれるように、気と血は切っても切れない関係にあるので、
補血薬を十分に働かせるためには人参、黄耆などの併用が欠かせません。

              漢方   杏鈴堂薬局
[PR]

by kyorindo | 2011-02-12 10:19 | 婦人科 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kyorindo.exblog.jp/tb/15492557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冷え症 一に養生、二に薬 >>