<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

体の「冷え」 自律神経の乱れが原因かも!?

 寒い屋外などにいると、手足の先が冷たくなり、全身が震えてきます。
体温が奪われると、手足の毛細血管が収縮して熱の発散を抑えます。
そんな屋外から暖かい屋内に入ると、毛細血管が広がってポカポカしてきます。
ところが、自律神経が正しく働いていないと、冷え性の人は手足が冷たいままです。
(特に女性に多い)

 体の機能が正常なら、寒い場所では交感神経の働きで血管が収縮し、
暖かくなると副交感神経が働いて血管を拡張させます。
人はこの切り替えで、体温を保っています。

 冷えはストレスや生活習慣の乱れなどで、この切り替えがうまくいかない時に
起こります。女性は男性より筋肉量が少ないために冷えは女性に多くなります。

 冷えは体にさまざまな悪影響をもたらします。血行が悪くなり、酸素や栄養が
十分に行き渡らなくなったり、また、老廃物も排出しにくくなり、だるさなど
体の不調を招きます。さらには、免疫力も低下し、代謝も悪くなるので、病気に
なりやすく、治りにくいという結果をもたらします。



f0228073_14462948.jpg





[PR]

by kyorindo | 2017-01-31 14:35 | Trackback | Comments(0)