<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

秋から始める風邪予防と秋の養生

 朝晩涼しくなって、過ごしやすくなった今の時期、夏の疲れや冷房によるお腹の冷えが、
残っていると疲労感が抜けず、風邪をひきやすくなります。
そこで風邪予防の食材は薬膳で咳や痰、胸や胃のつかえに良いといわれるタマネギです。
生薬では鹿茸で呼吸や免疫、冷えの症状に関わっています。
昔から「風邪は万病のもと」と言います。喘息など持病をお持ちの方は、風邪をきっかけに
持病が再発してしまった、悪化してしまったというご経験があることでしょう。

秋の養生について『黄帝内径』には次のように書いてあります。

『この季節には、鶏のように早寝早起きをすることが大事であり、心を安らかにして、
悔やまず精神を落ち着かせて、秋の気が身体を損なうことのないようにし、
やたらと動き回って、肺を冷やさないようにする。』

これが秋に合った養生法であると。

こうした漢方の知恵を生かして、秋を健康に楽しみたいものです。

f0228073_10434241.jpg

[PR]

by kyorindo | 2016-09-15 20:38 | Trackback | Comments(0)