<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

“私たちの体を巡る血液のこと、知っていますか?”

血液は、約60兆個ある全身の細胞に酸素や栄養分を配給しています。
 また、代謝によって生じた老廃物や余分な水分を回収して体外に排出するのも血液の役割。
 さらに、漢方医学的にいう『血』の働きには、そういった循環機能のほか、ホルモン分泌の調整も含まれます。

“血流が悪くなる原因って?”
ご自分の生活パターンを振り返ってみて気になる部分があれば、ほとんどが血流悪化の原因です。
 例えば、デスクワークで座りっぱなしの時間が多いとか、通勤の時に階段ではなくエスカレーターを利用するとか、夜更かしが多いとか、また食事が不規則・・・などなど、思い当たるような“不摂生”は,大抵、血の巡りを妨げる要因になっています。
 また、交感神経が優位に働くと血管が収縮するため、夜更かしや睡眠不足も血流悪化の大きな要因です。さらには、ストレスも血行不良につながります。ストレスによる緊張は血管を収縮させるため、血行が悪くなります。  また、運動不足で筋肉を使わないと血液は滞りがちになり、甘いもの、冷たいものなどの飲食で体を冷やすと、血液の粘性が上がってドロドロに。こういう習慣で血流悪化の体質になっていきます。
そこで、血行改善のポイントとして、まずは体を温めること。
食養「糖断ち」で冷えない体をつくること。

 甘いものには体を冷やすものが多く、糖分は血流アップの大きな障壁です。 また糖を最初に摂ってしまうと、胃や腸が働きが悪くなり、代謝も下がって冷えが進行してしまいます。

健康な血液にして血流を良くしましょう。
 (未病予防

        漢方  杏鈴堂薬局
[PR]

by kyorindo | 2014-05-26 21:00 | Trackback | Comments(0)