<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

生長や生殖を担う「腎」


 人々が誕生した時点で両親から受け継いだ気を「先天の気」と
言います。その貯蔵場所が「腎」です。
これは西洋医学で言う「腎臓」とは異なっています。
 漢方医学で言う「腎」は、人間の生長や生殖を担当し、骨や歯を
丈夫に保ち、不必要な水を排泄します。
 また視力や聴力を健全に保ち、思考力や記憶力を維持します。
「恐れる」という感情も腎が担当しています。この腎の機能の衰えた状態を「腎虚」と言います。
 症状は、子供からお年寄りまで年齢を問わず見られますが、特に高齢者にはよく見られます。特徴的な症状は、身体のだるさ、物忘れ、目のかすみ、夜間の頻尿、腰痛、手足のしびれなどです。
このような腎の衰えを改善する漢方薬を「補腎薬」と言います。
 例えば、身体にむくみの傾向があり、関節の痛みや腰痛があって冷えやすいタイプ、或いは、皮膚がカサカサして手足がほてったりするタイプなどタイプ別の「補腎薬」を選びます。
このように老化と腎の衰えは深くかかわっています。


            漢方  杏鈴堂薬局
[PR]

by kyorindo | 2014-03-22 11:20 | Trackback | Comments(0)