<   2012年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冷えは体に蓄積していくもの  放っておくと病気の要因にも

 手足や腰がいつも冷たく感じ、冷え性と自覚している女性は多いもの。
下腹部あたりを触るとなんとなくひんやりしているのも、冷え性の人の特徴です。
冷え性自体は西洋医学では病気ではなく体質と考えられていますが、東洋医学では冷えが
ほかのいろいろな不調を引き起こすと考えられています。
例えば、肩こりやめまい、頭痛、倦怠感、腰痛、膀胱炎、頻尿、などなど冷え性が原因で起こりやすい病状です。
 又、女性の月経不順や月経痛、ほかにもうつっぽい症状も体の冷えから起こる場合があります。
冬は気温が低いため、寒さを防ぐように体が自然に呼吸や血行を調節しますが、夏には冷たい
飲み物、冷房、湯船につからずにシャワーですませたりと夏冷えの状態になり、それによって
体の防御反応も狂ってしまいます。体が冷えると表面の血管が収縮し、そのため、体の抹消で
水分の代謝が滞りむくみが生じてきます。

冷え性改善するには
 冷たい飲食を控え、湯船につかったり、ウオ-キングなどで全身の血流をよくするのも冷え対策になります。体には温め効果の高いポイントがいくつかあり、そこをしっかり温めると効率よく全身に血が巡ります。そのポイントとは例えば筋肉の多いところ(太もも、おなか、腰周り・・・)この部分だけで体全体の筋肉の約7割が集まっています。
まずはそういった筋肉の多い部分を温めて血液を全身に巡らせることが大切です。

 万病は血液の汚れにあり、サラサラ血液にしませんか・・・!

 血液の粘りを取り、サラサラ血液にし、巡りを良くする漢方薬もあります。
お湯に溶いてお茶形式にしてお飲みいただけます。
ご希望の方は試飲もご用意しております。
[PR]

by kyorindo | 2012-03-09 19:07 | Trackback | Comments(0)