<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏バテ、熱中症

夏は体調維持が難しい季節、体に大きな障害となるのは「汗をかきすぎる事」です。
発汗は体液とともに、大量のエネルギー(気)を短時間で消失させてしまいます。
汗を止めて津液の過流失を防ぎ、体のエネルギー(気)を蘇らせる「気陰双補」の漢方処方が
あります。発汗過多からくる脱水症状や全身の疲労倦怠感に悩まされ、夏が苦手な方、屋外で
長時間過ごされる方、暑い時期に体調を崩し易い方にお勧めです。
また、室内でも熱中症を起こす人が増えています。
十分な水分補給+漢方で暑い夏を乗り切りましょう。
[PR]

by kyorindo | 2011-07-19 18:45 | 花粉症 | Trackback | Comments(0)