カテゴリ:婦人科( 2 )

女性に多い貧血に補血・補気薬を

貧血症の場合、唇やまぶたの裏面、爪の色などにも赤みのないことが多く、頭のふらつき、
動悸、息切れ、不眠などさまざまな症状を伴います。
これらの病態を、漢方医学では「血虚症」(けっきょしょう)と言います。
古来「男子腎虚、女性血虚」という言葉があるように、女性は月経があることもあって
血虚症になりやすいのです。
血虚症の治療には補血薬が不可欠で代表的な補血薬である当帰はいろいろな婦人病に
用いられて効果を上げています。
他にも熟地黄、何首烏、阿膠、枸杞の実などがよく知られています。
「気は血の帥(けつのすい)」といわれるように、気と血は切っても切れない関係にあるので、
補血薬を十分に働かせるためには人参、黄耆などの併用が欠かせません。

              漢方   杏鈴堂薬局
[PR]

by kyorindo | 2011-02-12 10:19 | 婦人科 | Trackback | Comments(0)

女性のからだ   パートⅡ

“月経前症候群・PMS”

  生理が始まる前からの一連の症状であり、精神の抑うつ、または怒りっぽい、胸脇苦満、
  頭痛、頭がボーッとする、悪心、嘔吐、下痢、腹脹、浮腫が見られます
  これらは、生理の始まる1~2週間前から現れるもので、生理3日前に最も著しくなりますが、
  生理が始まると消失します

 よく見られる症状として
 (1)神経症状   : 頭痛、めまい、肩こり、頭がボーッとする、精神的緊張感、
              イライラ、不眠、多夢、集中力低下、気分が沈む

 (2)消化器系症状: 悪心、嘔吐、便秘または下痢、食欲増加・減退、腹部膨満感

 (3)呼吸器系症状: 鼻炎、息切れ

 (4)婦人科症状 : 下腹部痛、腰痛、胸が張る痛み

 (5)その他    : むくみ、疲れ、ニキビ、吹き出もの、体がだるい


  要因として  
  ○ ストレスによるもの
  ○ ふだんから胃腸虚弱によるもの
  ○ 平素から腎気虚によるもの       etcがあります

    漢方薬、漢方サプリで 身体の元気がよみがえります
[PR]

by kyorindo | 2010-09-17 11:31 | 婦人科 | Trackback | Comments(0)