カラダを元気にする“薬用ニンジン”の話

朝鮮人参(高麗人参)が健康にいい事は一般によく知られています。
漢方薬として使う「薬用人参」には(四つの)「人参」と呼ばれているものがあります。
朝鮮人参(高麗人参)・西洋人参・田七人参・シベリア人参の四つです。
薬用の人参は「ウコギ科」の植物で、四つの人参は産地が異なるため、名前も効能も少しずつ違っています。
ですが、いわば家族のようなものでこれらを『四大人参』と呼ばれています。
人参は疲労回復や病後の体力回復など、からだの機能を高め、からだを元気にする強壮効果を特徴とします。
丈夫で疲れにくく、精力的に活動し、老化の進行をできるだけ防ごうという目的で使われます。
これらの効果の主な成分は、人参に含まれるサポニンという苦み成分です。数十種のサポニンが有効成分で、滋養・強壮作用が特徴です。

『四大人参』とは

朝鮮人参 ○補気作用が一番強く、「大補元気」「補薬の王」と呼ば
        れ、元気を補います。疲労を回復し、抵抗力をつけます
        ○薬としての性質は『温』で、体を温め、新陳代謝を盛ん
         にします。
        ○血糖値を下げる作用、性腺ホルモンの分泌を促進す
         る作用、強心作用があると言われています。

西洋人参 ○北アメリカが原産地で、アメリカやカナダは肥沃な森林
         に自生しているアメリカ人参の根を薬としています。
        ○薬性は『涼』で、体の機能を元気にしながら中枢神経
         を抑制し、鎮静化させます。
        ○「補気養陰・清火生津」といわれ足りない気を補って体
         を元気にします。
        ○栄養分に富んだ水分を生み出し体液を補給し代謝を
         スムーズにします。

田七人参 ○中国雲南省から広西省にかけての海抜1200~
         1800メートルの限られた地域でしか採れない貴重品
         「門外不出」で、別名「金不換」(お金にも換えられない
         とも呼ばれていました。「三七」とか「田三七」とかの別
         名もあります。
        ○瘀血(おけつ)(ドロドロした、粘性の高い血液で、病気
         の原因となる悪い血液です)を改善し、血液の流れを
         良くする活血の作用もあります
        ○抗ウィルス作用と肝臓の血液循環を良くする作用が
         肝炎などに有効と言われています。
        ○ガン細胞を攻撃する免疫機能を高めて活性化させる
         と言われています。

シベリア人参(刺五加・五加参)
        ○シベリアは過酷な寒さの広大なツンドラや大河がある
         ところです。そうした過酷な環境の中においても強い
         生命力もち、そこに自生する植物があります。シベリ
         ア人参の原植物コレウテロコック(命の根)です。
         日本での和名はエゾウコギです。
         シベリア人参には、朝鮮人参より優れた「環境適応
         源」 (アダプトゲン)作用があります。体にとっての
         あらゆる種類の悪影響を与えるもの―例えば厳しく
         激しい寒冷、ストレス、疲労、放射線など―に対する
         生体の適応能力を高め、生体を保護しようとする作
         用です。特にストレスに対する抵抗力の増強が注目
         されています。
        ○温性の強壮作用で、精神安定・鎮静・安眠・自律神
         経調整作用があります。
        ○主に使用する疾患・症状に不眠症、冷え症、更年期
         障害、疲労、体力低下、目の疲労症などです。






        
[PR]

by kyorindo | 2014-10-26 09:24 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kyorindo.exblog.jp/tb/23180033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬のかゆみ肌 “大豆イソフラボンで女性ホルモ... >>