豆知識 【 “プラセンタ” の ひみつ】

“プラセンタ”とは哺乳動物の“胎盤”を意味し、古くは秦の始皇帝が不老長寿の妙薬として、
クレオパトラは若返り、美容のために愛用していました。
“胎盤”には胎児の発育に必要不可欠な栄養成分である、多くのアミノ酸・ビタミン・ミネラル・
100種類以上もの酵素・生理活性物質などが豊富に含まれており、多くの分野で有用性が期待され、いろいろな分野に利用されています。
プラセンタの作用は数十種にも及び、例えば更年期障害、肝炎、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、
不妊症、ヘルニア、関節リウマチ等々プラセンタを続けることで回復していきます。
内服剤の剤型も錠剤、顆粒剤、ドリンクタイプなどさまざま有ります。
ドリンクタイプは吸収されやすく、効果も早く現れます。
[PR]

by kyorindo | 2011-05-13 18:52 | 花粉症 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kyorindo.exblog.jp/tb/15964734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 夏バテ、熱中症 謹んでお見舞い申し上げます >>