女性のからだ   パートⅡ

“月経前症候群・PMS”

  生理が始まる前からの一連の症状であり、精神の抑うつ、または怒りっぽい、胸脇苦満、
  頭痛、頭がボーッとする、悪心、嘔吐、下痢、腹脹、浮腫が見られます
  これらは、生理の始まる1~2週間前から現れるもので、生理3日前に最も著しくなりますが、
  生理が始まると消失します

 よく見られる症状として
 (1)神経症状   : 頭痛、めまい、肩こり、頭がボーッとする、精神的緊張感、
              イライラ、不眠、多夢、集中力低下、気分が沈む

 (2)消化器系症状: 悪心、嘔吐、便秘または下痢、食欲増加・減退、腹部膨満感

 (3)呼吸器系症状: 鼻炎、息切れ

 (4)婦人科症状 : 下腹部痛、腰痛、胸が張る痛み

 (5)その他    : むくみ、疲れ、ニキビ、吹き出もの、体がだるい


  要因として  
  ○ ストレスによるもの
  ○ ふだんから胃腸虚弱によるもの
  ○ 平素から腎気虚によるもの       etcがあります

    漢方薬、漢方サプリで 身体の元気がよみがえります
[PR]

by kyorindo | 2010-09-17 11:31 | 婦人科 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kyorindo.exblog.jp/tb/14614129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 未病 不妊症の薬膳 >>