不妊症の薬膳

       

  血虚タイプ

「血」が不足している血虚体質によく見られる不妊症で、生理の時の経血量が少なく、めまいや立ちくらみ、顔が青白い、皮膚や髪につやがないなどの症状が見られます。
このタイプは、不足した血を補って、子宮や卵巣の働きを整えると妊娠しやすくなります。
レバー、鳥骨鶏、かき、なまこ、ごま、黒豆など、血を補う食材を積極的にとって、血虚体質を改善することから始めてみましょう。

 [この症状によい主な食材]

 レバー、かれい、太刀魚、豚肉、鳥骨鶏、かき、なまこ、ほうれん草、にんじん、トマト、小松  菜、金針菜、モロヘイア、ごま、黒豆、小豆、プルーン、ざくろ、なつめ、桃、ぶどう、レーズ  ン、黒砂糖、豆乳、豆腐など


  冷えタイプ

 冷えは女性の体にさまざまな障害を与え、不妊の原因になっていることもあります。
 冷えは黄体ホルモンの分泌不全で起こることがあり、その状態では妊娠しにくくなってしまうので す。そういう女性では毎日基礎体温を測ると、高温期が低くて短い傾向が見られます。
 冷えは、中医学でいうと気虚、血虚の状態です。そこでこのタイプの不妊では「気」と「血」を補 う食材が役立ちます。特に体を温め、新陳代謝を高める「温熱性」のえび、羊肉、ねぎ、にらなど がおすすめです。

 [この症状によい主な食材]

 えび、うなぎ、牛肉、羊肉、もち米、大和いも、長いも、にら、ねぎ、玉ネギ、生姜、山椒、にん にく、シナモン、くるみ、クコの実、よもぎ、栗、ざくろ

 “えびとそら豆の炒め物を作ってみました”

f0228073_12502939.jpg



えび     甘/温  肝・腎

       補陽
       内分泌機能とエネルギー代謝を促進する働き

そら豆    甘/平  脾・胃

       補中益気
       健脾利湿
       胃腸の働きを促進し、ビタミン、ミネラルも豊富

ミニトマト  甘酸/微寒  肝・脾・胃

       生津止渇
       口渇
       ノドの渇き

     夏の疲れた体に元気と潤いを与えます    
[PR]

by kyorindo | 2010-08-10 13:00 | 薬膳 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kyorindo.exblog.jp/tb/14369396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 女性のからだ   パートⅡ 健康とカルシウムの関係 >>